先日の日経MJに次のような記事がありました。

「接客力と若者対策カギ」

・日経レストランが毎年実施している飲食店の景況感調査。毎上半期(1~5月)の景況感を500人前後の経営者に聞き、前年同期との比較で飲食市場の先行きを占う。

・今年は売上高DIが5.1、利益DIも3.5とそれぞれ5年ぶりのプラスに転じた。

・業績改善に貢献した対策は何かを聞くと、最も多かった回答が「接客サービスの強化」(31.7%)だった。

(引用:2012/08/17 日経MJより)

とのことです。

以下、「メニュー構成の見直し」(31.3%)、「ホームページやブログの作成・掲載」(28.2%)、「POP(店頭販促)やメニューブックの見直し」(26.7%)とのこと。

対策

接客については、ビジネスライクな接客から、より親しみが感じられるサービスへと変化させた店が良かったようだとのこと。

いずれにしても、接客の強化、商品の見直しという基本的なところが一番重要ということですね。POPやメニューブックにしてもそう。

またホームページやブログという情報ツールの活用も、今の時代欠かせなくなってきているようです。

基本の強化、商品の見直し、やはりこれが業績改善の決め手のようです。

photo by: ibm4381