人事考課と人材育成はどちらも切り離せない重要な人事マネジメントの仕組みです。

もっと言えば、人事という枠組みにとどまらず全社戦略実現の根幹とも言えるかも知れません。

全社戦略の実現、施策の実行は従業員の実力と行動にかかっていることは言うまでもありませんが、実際には日々の目の前の業務に没頭するあまり、人事考課や育成が疎かになっていたりするものです。

それどころか、評価の仕組みさえない企業や、金繰りの方が忙しく教育・育成は二の次といった企業も少なくありません。

創業当初や成長過程の企業では経営者の実力やリーダーシップが大いに必要ですが、長期にわたって会社を成長させ、事業継続、事業承継、というように永続させていくことを考えると、やはり経営者の最大の仕事は人の育成にかかっているような気がします。

こうした仕組みづくりができている企業は足腰が強いですし、業績悪化時に打つ手もたくさんあり、回復のスピードも速いものです。

人事マネジメントの仕組みづくり、できているかチェックしてみましょう。

PDCA